[2009-08-31] D&Tニュース 第28号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊ディペンダビリティ&テスト(D&T)ニュース  2009年8月31日号
発信元 シリコン・テスト・テクノロジーズ株式会社
http://www.silicontest.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テスト技術略語・ミニ解説集 http://www.silicontest.jp/abbreviations
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--- 目次 -----------------------------------------------------------
●【ビジネスニュース】国内ファブレス
●【ビジネスニュース】ケイレックス
●【最新技術動向】DA Conference
●【最新技術動向】STARCフォーラム/シンポジウム
●【図書紹介】半導体製造装置産業
●【チュートリアル連載記事】DFT技術講座(第18回)岩崎一彦
●【経済指標】SEAJ BBレシオ
●【編集後記】


---【ビジネスニュース】国内ファブレス ------------------------------
半導体産業新聞 第1851号 2009年8月5日発行

国内ファブレス上位5社の業績推移が掲載された.厳しい経済環境であるが,
5社中2社が営業利益率2桁台であり国内主要ファブレスは健闘しているとし
ている.紙面の都合により2008年度(2007年度)の売上げを以下に示す.

第1位 メガチップス:528億円(507億円)
第2位 アクセル:154億円(138億円)
第3位 トレックス・セミコンダクター:126億円(176億円)
第4位 ザインエレクトロニクス,97億円(140億円)
第5位 リアルビジョン:26億円(31億円)

同新聞では,“起業はリスクが高いかもしれないが,優秀な日本の技術力が
日本に根付く風土が作られればと切に願う”,とコメントしている.

詳しくは同新聞を参照されたい.ホームページは以下の通りである.
http://www.semicon-news.co.jp/


---【ビジネスニュース】ケイレックス --------------------------------
半導体産業新聞 第1852号 2009年8月12日発行

半導体ベンチャー2009の記事として,ケイレックス・テクノロジーズ株式会
社が紹介された.同社は2004年1月に誕生したEDA専門の独立系ソリューショ
ンベンチャーである.

同社のEDAサービスには,(1)受託開発サービス,(2)設計フローの構築など
のメソドロジーサービス,(3)DA部門の業務代行サービスがある.福岡シス
テムLSI総合開発センタからの運用サポート業務も受託している.

小篠社長は次のように語る.“最終的に描くゴールは,各半導体メーカの
CADライト化だ.(中略)EDA IPの蓄積を大切にし,サービスの質とスピー
ド向上に引き続き注力していく”.

詳しくは同新聞を参照されたい.ホームページは以下の通りである.
http://www.semicon-news.co.jp/
ケイレックス社:http://www.keirex.com/


---【最新技術動向】DA Conference -----------------------------------
DAC 2009 and DFT

This year’s DAC did better comparing to last year as DAC moved 
back to San Francisco and closer to the IC technology hub Silicon 
Valley. The official "preliminary" DAC attendee count came in at 
3,247 "exhibit only", a 12% increase from last year. This count 
includes the press, analysts and employees of approximately 200 
exhibitor companies. The crowd seemed light in the Moscone Center, 
but indeed there were more people in DAC this year than the last 
two years. 

Here are the preliminary attendance numbers on Wednesday July 29: 

Exhibit Only -3247 
Technical Conference -- 1888
Total - 5135 

If we compare this number with the previous years then the data 
looks like below: 

2008 - Anaheim - Exhibit Only 2405; conference 2423; total 4828 
2007 - San Diego - total announced as 5100
2006 - San Francisco - Exhibit 3421; conference 3231; total 6652 

The data definitely shows that the number of attendees this year 
was definitely lower than the last DAC at San Francisco. Is it the 
economy which is slowing down the EDA industry? 

At the welcome reception on Day 0, Gary Smith ("the EDA analyst" 
for many years) stressed the growing importance of electronic 
system level (ESL) design and tools, and discussed the SW tools 
sector which with recent acquisitions (such as Intel buying Wind 
River) is “drifting away from EDA”.  He also mentioned that this 
year is a “Make or Break Year”, which of course could have been 
said - and probably has been - about EDA in most of the previous 
years of DAC.

One of the interesting items at DAC on Day 1 was the keynote panel 
titled “Futures for EDA: The CEO View”. CEOs of the major three 
EDA companies (Cadence, Mentor and Synopsys) participated at this 
panel. Aart de Geus from Synopsys, Inc., Walden C. Rhines from 
Mentor Graphics Corp. and Lip-Bu Tan from Cadence Design Systems, 
Inc. expressed their viewpoint on the current EDA industry and its 
future at this panel. In the panel they identified 
Design-for-Manufacturing (DFM), Electronic System Level (ESL) 
Design and Analog Design as the growth areas in the EDA industry. 
Synopsys’s Aart de Geus mentioned that the customer consolidation 
is a problem for EDA vendors. All three executives agreed that 
talent is their most important asset and all three are making 
tremendous efforts to retain the best talents. Cadence's Tan said 
that we need to "make our employees feel part of our company family 
and trust their judgment and allow them to share in the solutions 
during these hard times."

In the Design-for-Test (DFT) area, SynTest definitely had a large 
booth at the entrance of the North Hall of the Moscone Center which 
promoted their DFT technology. L.T. Wang (Syntest CEO) was 
personally visible in the booth promoting their test technology. 
The Syntest booth definitely stood out because of its unique 
location and test experts were seen gathering around the Syntest 
booth from time to time. Atrenta as the other growing power in the 
EDA industry had a pretty good presence at DAC this year. They 
promoted their test product in the focus sessions which is part of 
their “SpyGlass” product. Cadence, Synopsys and Mentor did not 
highlight any large innovation in the DFT area in the booth; 
however everyone did hold closed door meetings with their own DFT 
customers from worldwide. The large 3 EDA vendors definitely like 
to “Wow !!!” their DFT customers at the International Test 
Conference (ITC) and it will be interesting to see what they come 
up with at this year’s ITC in Austin, Texas. 

The world economy has definitely hit the EDA industry hard and it 
will be interesting to see how that impacts the upcoming test 
gatherings in the upcoming months. The test industry will be 
looking at new innovations from the EDA vendors and the academia at 
the upcoming Asian Test Symposium (ATS) in Taiwan and at 
International Test Conference in Austin, Texas.  
 
(Anonymous)


---【最新技術動向】STARCフォーラム/シンポジウム --------------------

http://www.starc.jp/

2009年8月25日(火),新横浜国際ホテルにてSTARCフォーラム/シンポジウ
ムが開催された.厳しい経済状況の下であるが,350名分用意された席が全
て埋まる盛況であった.プログラムは以下の通りである.

・基調講演:電子・情報技術開発に関する取り組み
  富田健介(経済産業省審議官)
・STARC活動報告:あすか計画の完遂と新たなる挑戦
  下東勝博(STARC社長)
・学生ポスター・ショートプレゼンテーション
・グリーン化の切り札:極低電力回路・システム技術
  桜井貴康 氏 (東京大学),篠原尋史(STARC)
・次世代回路アーキテクチャ技術-その学の知の活用-
  小野寺秀俊 氏(京都大学),伊藤荘一(STARC)
・共同研究賞表彰式
・招待講演:グローバルNo.1への挑戦
  佐々木元(NEC)

基調講演の概要を紹介する.まず,NEDOにおける電子デバイス分野と情報シ
ステム分野における取組みの紹介があった.電子デバイス分野ではスピン
RAM,チップの三次元集積化技術,および半導体微細加工技術が紹介された.
情報システム分野においては,データセンタ,光ネットワークモジュール,
超高密度磁気記録システム,次世代大型有機ELディスプレイが紹介された.

更に,衆議院選挙の結果によっては来年度の産業政策に影響があるかもしれ
ないと前置きした上で,将来に向けての施策方針の紹介があった.すなわち,
ボリュームゾーン(BRIC等)向け外需開拓,システム展開(ハイビジョン,
新幹線,スマートグリッド,上下水道等),スマートグリッド,クラウドコ
ンピューティング,グリーンIT,半導体等である.

(岩崎一彦)


---【図書紹介】徹底解析 半導体製造装置産業 ------------------------

著者:和田木哲哉,横山貴子
監修:奥村勝弥
書名:徹底解析 半導体製造装置産業
出版社:工業調査会

第1章 半導体とその装置
第2章 前工程の製造装置
第3章 後工程の製造装置
16 テスタ
17 ウェーハプローバ
18 プローブカード
19 グラインダ
20 ダイサ
21 ハンドラ

半導体の製造にかかわる様々な装置に関してビジネスと技術の両面から捉え
ている.各分野に関して競争状況といったビジネス面からの説明が加えられ
ていることが特徴である.

第3章項目16はテスタに関するものである.国内A社,i社,S社,T社他多数
の企業が実名で登場する.技術の流れを理解し,業界の動向を理解する一助
となるであろう.項目16の内訳は次の通りである.

16 テスタ
16.1 装置のしくみと役割
 (1)試験の内容
 (2)プローブテストとファイナルテスト
 (3)テスタの基本構造
 (4)テスタの構造による分類
16.2 市場規模と競争状況
 (1)メモリテスタの競争環境
 (2)非メモリテスタの競争環境
 (3)LCDドライバIC用テスタの競争環境
16.3 最新の技術動向と中期展望
 (1)プローブテストへのテストシフト
 (2)ウェーハレベルバーンイン
 (3)DFM活動

アマゾンでの購入(1500円以上送料無料)は下記を参照されたい.
http://www.silicontest.jp/

(岩崎一彦)


---【チュートリアル連載記事】 --------------------------------------
■  DFT技術講座(第18回)  ■

今回は故障シミュレーションについて取り上げる.故障シミュレーションと
は,あるテストベクトル(あるいはその集合)がどの対象故障を検出するか
を調べることである.

前々月(6月)使った論理回路を用いる.これはATPG(Automatic Test 
Pattern Generation:自動パターン生成)の説明に用いたものである.

http://www.silicontest.jp/mailmagazine/090831/fig2.htm

故障がない場合には,次式が成り立つ.

Y = AB + not C

ただし,not CはCの反転値を表すものとする.

ゲートG1の出力信号をdと表すとき,この回路には4個の信号A,B,C,d,Y
が存在し,それぞれ0縮退故障あるいは1縮退故障を生じうる.例えばAに生
じた0縮退故障(A/0)によって出力Y = not Cとなる.これを故障関数と呼
ぶことにする.

上記4個の信号に対し,単純には合計8個の対象故障が存在するが,等価故障
によって対象数を減らすことができる.例えば,下記3箇所に生じた故障は
同じ故障関数を生じる.

Aに生じた0縮退故障(A/0)
Bに生じた0縮退故障(B/0)
dに生じた1縮退故障(d/1)

結局,表に示す6個が縮退故障の対象故障となる.それぞれ異なる故障関数
となっている.

前々回,d/0を検出するテストパターンとして下記の3通りがあることを示し
た.
(A, B, C) = (0, 0, 1),(0, 1, 1),(1, 0, 1)

このうち,(A, B, C) = (0, 0, 1)はd/0以外の対象故障を検出できるであろ
うか?答えは,残念ながら表に示すように,否である.すなわち,(A, B, 
C) = (0, 0, 1)に対してそれぞれY = 0となるので,d/0以外の縮退故障はこ
のテストベクトルでは検出できない.

上記のように,あるテストパターンがどの対象故障を検出するかを調べる作
業が故障シミュレーションである.各対象故障に対して論理シミュレーショ
ンをおこなうため,膨大な計算時間を必要とする工程となっている.

ところで,次のような疑問が次々と浮かぶ.
・(A, B, C) = (0, 1, 1), (1, 0, 1)はd/0以外の対象故障を検出できるか?
・対象故障の順序によって結果が異なるのでは?
・最初の対象故障としてどれを選ぶのが良いのか?
・最小のテストパターンがあるはずだ

これらの疑問については,次回以降の話題としたい.

等価故障については下記(本メールニュース・バックナンバ)も参照された
い.
http://www.silicontest.jp/mailmagazine/080827.htm

また,論理的には等価であっても,故障解析においては故障の物理的位置を
突き止める必要がある.故障解析の手順については下記(本メールニュース・
バックナンバ)も参照されたい.
http://www.silicontest.jp/mailmagazine/071012.htm
http://www.silicontest.jp/mailmagazine/080827.htm

(岩崎一彦)


---【経済指標】-----------------------------------------------------
SEAJ BBレシオ 7月度:1.34
半導体製造装置協会から転載:http://www.seaj.or.jp/
月次経過:http://www.silicontest.jp/bbratio.htm


編集後記 -----------------------------------------------------------
お台場ガンダムを見てきました.日本の技術は世界一ですので,次は歩くも
のを作って欲しいと思います.
さらにその次は飛べるものを.
(新井雅之)

◇◆当サービスのご利用に当たって◆◇--------------------------------
★このメールは送信専用メール・アドレスから配信されています.
◇このままご返信いただいてもお答えできませんので下記にご連絡下さい.
★メールマガジン申込:subscribe@silicontest.jp
★メールマガジン停止:unsubscribe@silicontest.jp
★メールマガジン送付先変更:changeaddress@silicontest.jp
★メールマガジン全般:editor@silicontest.jp
--------------------------------------------------------------------
Copyright(C) Silicon Test Technologies社,2007
掲載記事の無断転載を禁じます.
お知り合いの方への転送・紹介は自由です

			
会社概要-ACCESS-ご意見・ご要望